新たな仮説も

看護師

優良医のいる医療機関に

うつ病の発症要因を考えるとき、気分や感情、いわゆる心を司っている脳の存在を外すことはできません。人の気分や行動を決定しているのは、脳内の神経伝達物質の組み合わせです。神経伝達物質は、アセチルコリンをはじめ、さまざまなものが発見されています。中でもドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンというモノアミンがうつ病の発症に深くかかわっているという仮説は有名です。このモノアミンが不足することが発症要因とされています。現在、うつ病は抗うつ剤による治療がメインですが、このモノアミン仮説に基づいて治療が行われています。しかし、モノアミン仮説だけでは、すべての説明がつかないというのが現状です。そこで、最近ではBDNF仮説が注目されています。これまで、脳の神経細胞が新しく生まれ変わることはないとされてきました。しかし、脳の記憶や感情をつかさどる海馬では、新生が起こることが判明したわけです。そこで、この新生にかかわるたんぱく質、BDNFの不足がうつ病の発症にかかわっているのではないかという新たな仮説も加わりました。実際に、うつ病の人はBDNFが不足しているのは事実です。それにより、海馬の神経細胞が減っているため、新たな要因の一つとして考えられています。うつ病の知識がなく、友人や知り合いに精神科医がいない人が発症すれば、自分が怠けているだけかもしれないと悩み続けて受診が遅れるケースも少なくありません。同様に、努力が足りないだけかもと考えて、病気に気づかない人もいます。また、自覚はあるのに、精神科も受診することを迷っている人も多いです。自分が頑張れば元気になるかもしれない、精神科の医師はどんな人なのか、心を治すとはどういうことなのか、いろいろなことをうつ病の人は考えています。そもそも、思考力が鈍っていますから、マイナス方向に考えがちです。そのため、受診しようとしても、クリニックの前まで行って引き返すというのを何度も繰り返す人もいます。ほとんどのうつ病の人が、躊躇った上で、受診しているというのが現状です。そんな恐ろしい印象もある病院を最終的には受診してしまうのは、本当に苦しいから楽になりたいと願うからです。優良医というのは、そんな不安を理解してくれる人になります。話も聞かずに、うつ病だから薬を飲むしかないと命令口調でいうようなら、うつ病に詳しい医師ではない可能性が高いです。こうした医師は論外ですが、ただ聞いてくれるだけでなく、苦しみを理解した上で、治療をしてくれる医師がいる医療機関を選ぶことが大事です。